『3次元FX』② ~レターの内容~

ブログ継続の力となります
 にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
 ↑クリックお願いいたしますm(_ _)m↑

 

さて、ではこの「3次元FX」の中身について触れていきます。
まず、購入するときに見たとっても長いページ、 このページは「レター」と呼ばれています。
この「レター」にはセールスの為の文章や実績などが記載されています。
上から一番下まで目を通すのは結構大変です。

 

その商材の内容がどういったものなのか見定めるためにも、
大変ですがちゃんと目を通しましょう… なのですが、
これって結構適当な事書いてありません? 都合いいことばっかりのような気もしますね。
まあ、売る側からしたら当然のことなのでしょうが…。

 

と、それはさておき、 
今回購入した「3次元FX」のレターの内容をきっちり振り返っておきます。

 


↑この商材のレターはこちらから↑

 

 

 「3次元FX」のレターに記載されていた内容を振り返っておく

 

 持田有紀子の実績を公開~

 

「50万円」の元本に対し、
2014年12月~2015年4月の「5ヶ月間」で、
利益は「1,434,100円」となっています。

利益率は実に「287%」

 


 

2014年の12月、トレードルールがうまく機能して、
「136.8%」という利益率をたたき出していますが、
あくまでもこれは、たまにあるボーナスです。
ルールどおり粛々とトレードを続けていると、
こんなボーナスに当たることがたまにありますが、
私は月利100%を超えるような数字を目指していません。
通常、月に50%くらいのプラスを目指して運用し、
だいたい40%くらいのプラスで着地することが多いのが実情です。

 


 

と、記載されていました。
粛々と、3次元FXのトレードルールに則って取り組む。
そうすれば、誰でも同じような結果を出せるようになるのでしょうか?

 

 

 

 相関性を利用したらどんなトレードが出来るのか~

 

letter

※クリックで拡大

 

上記のような結果を本当に実現できれば
忙しいサラリーマンはもちろん、資金の無い人も、どんな人でも
運用していくことが出来ます。
ただ、月利40%というのはさすがに難しいのでは?
 





 「相場観」を持つのは今すぐやめなさい~

これはなんとも頼もしいお言葉ですが…
下記のように書かれていました。

 

 「過去がこうだったから、未来はこうなるに違いない。」
難しいテクニカル指標を必死にこねくり回し、
最新式のツールでポンポンとサインを出し、
自分だけが納得できる閉鎖的な結論を見出そうとするその様は、
底の浅い近視眼的な判断であるとしか言いようがありません。

 



 

勝つために、利益を出すのが目的であれば、
3次元FXでは難しそうなテクニカルなどの理屈は不要のようです。

 

なるほど、という事は、最低限の知識さえあれば
初心者でも取り組めるということですよね?
そしてさらにこう付け加えられています。

 


 

勝つために必要なことは、
「つまらないけど、 決められたことを淡々とやっていくこと」
「3次元FX」のルールは、
拍子抜けするくらいに「簡単」なルールです。

 

 

ようするに、
ギャンブル感覚をはじめとする、投資を楽しむ気持ちは捨て、
とにかく淡々とした作業のように、ルールどおり投資しましょう。

とにかく勝つということが目的ならば。

 

そういうことですよね?
拍子抜けするくらい簡単なのかどうかも要チェックです。

 

 

 

 「ドル円」と「日経先物」「だけ」でいい~

 

「簡単なルール」といわれている部分、この商材の「核」となる部分。
「だけ」でいいと強調。

 

ドル円と日経先物が同じ動きをする、これこそは
「金融マーケットの原理原則」であると説いています。

 

「金融マーケットの原理原則」に則った「相関性」を、
最大限に利用するのが「3次元FX」の手法と記載されています。

 

 

さらに、

気持ち悪いくらいに同じ動きをしています。
これが「金融マーケットの原理原則」なのです。
「金融マーケットの原理原則」に則った「相関性」を、
最大限に利用するのが「3次元FX」の手法なのです。
あとはあなたが「後出しじゃんけん」のように
勝ち続ければいいだけの話。

 

後だしじゃんけんのように安定した利益は目指せるでしょうか?

 

 

 

「3次元FX」を更正する「3つのトレード手法」~

 

この商材の具体的な手法にあたる部分です。

 

トレード手法1
 「引っかかりどころ」を見つけるためにテクニカルを利用した手法
トレード手法2
 「金融マーケットの時間の流れ」を有効活用した手法
トレード手法3
 「ビッグウェーブ」を見極めて大きなリターンを得る手法
 
「3つのトレード手法」それぞれの根底に脈々と流れるのが
「ドル円」と「日経先物」の「相関性」です。

 

ドル円の相関性を利用して、具体的なやり方に体系化したのが、
上記の「3つのトレード手法」になるようです。

 

 


 手法の詳細はここでは割愛します。
 詳細は、3次元FXのレターをご覧いただければと思います。
 ※ 画像をクリックでレターを開きます

 

 

これら3つトレード手法は、別々の手法であり、

どれか1つの手法だけに注力するのも良いですし、

2つの手法をコンビネーションしてトレードをしてもいい、

 

 

さて、ここまで振り返り、ざっと抜粋して記載してみました。
ここまでの内容について、実際に商材内ではどのように
進めていくのでしょうか。

 

レターに記載されている通りにならなくても、
私としての目的は

 

「きっちりFXの勉強が近道できる」
「それなりの利益が残せる、利益を残す方法を一つは確率出来る」

 

 

シンプルに、その2点を踏まえ、
記載できる範囲でブログに記録していきたいと思います。

 

 

 

⇒  「3次元FX」③へ

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ